· 

飛行機の待ち時間にすぐ座れる店を探せる――成田国際空港で飲食施設の空席情報をリアルタイム表示 NTTらが実証実験へ

東日本電信電話(NTT東日本)とバカンは、成田国際空港内のフードコート(第3ターミナル)、吉野家(第2ターミナル)、北ウェイティングエリア(第2ターミナル)の空席状況を、IoT(Internet of Things)とAI(人工知能)を活用してリアルタイムで解析し、デジタルサイネージやスマートフォンに一覧表示する共同実験を実施する。実施期間は、2018年2月19日から3月22日までの予定。

成田国際空港では、第2ターミナルの北ウェイティングエリアから第3ターミナルのフードコートまでは徒歩15分程度の距離がある。今回の実証実験は、施設の空席情報を提供することで、搭乗便を待つ利用社が好みの滞在場所を選択しやすくして利便性向上を図るとともに、空港内の各飲食店の集客拡大に向けた取り組みとなる。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1802/05/news059.html