· 

「IoT」と「AI」でトイレの混雑を回避!

IoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)を活用して空席情報配信サービスを行う株式会社バカン(本社:東京都千代田、代表取締役:河野剛進)は、株式会社丸井グループ(以下、丸井グループ)、旭硝子株式会社 (以下、AGC旭硝子) と3社共同で、有楽町マルイにて実証実験を行います。この実験は、トイレや授乳室の空き状況をリアルタイムにご案内できる最新技術を使い、お客さまの不を取り除くとともに、2階のトイレに行列がない時は、広告を配信することでトイレの収益化をめざすものです。
弊社は、これまでオフィスやコンサートホール等のトイレの空席案内、商業施設や百貨店等でレストランやカフェを中心とするリアルタイム空席案内サービスを展開してきましたが、店舗でのトイレの行列や混雑というお客さまの悩みを解決するために、IoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)を駆使し、トイレの空き情報をリアルタイムに配信するサービスと、あらゆるガラス面を液晶ディスプレイにする技術を組み合わせ、丸井グループとAGC旭硝子と共同で新たな実証実験を実施します。    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000018933.html