· 

Evory「ジオターゲティング広告」提供を開始。ユーザーの位置情報はどこまで活用されるか

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区)の関連会社、株式会社Evory(本社:東京都渋谷区)は2018年3月より、ユーザーの位置情報を活用した「ジオターゲティング広告」の提供を開始した。 

そのEvoryは2018年3月より、ユーザーの位置情報を活用した「ジオターゲティング広告」の提供を開始すると発表した。この機能では、Evoryが取得するユーザーの緯度・経度のデータを基に、特定の位置にいるユーザーにのみ広告配信を行う。
 例えば、実店舗をもつ広告主やイベント開催を目的とした案件において、半径5km以内にいるユーザーにのみ店舗情報やイベント告知の訴求が可能となる。また、バナー広告から動画広告まで対応している広告フォーマットは幅広く、オーディエンスデータや独自の広告データを掛け合わせることで、指定位置の特徴に合わせた認知効果の高いアプローチに活用することができる。                     https://ecnomikata.com/ecnews/18274/