· 

バス走行位置 ネット配信

県と奈良交通は連携して26日、路線バスの走行位置情報をパソコンやスマートフォンで検索できるサービスを始めた。奈良市の県庁前バス停留所では、路線バスの走行場所を表示したデジタルサイネージ(電子看板)(縦1・2メートル、横0・7メートル)が披露された。

 同社は奈良市中心部などを走る164系統で位置情報を検索できるように整備。路線バスにGPS(全地球測位システム)を搭載することで実現した。

 

 同市の近鉄奈良駅や奈良国立博物館前など14か所の停留所に電子看板を設置。日本語、英語、中国語、韓国語に対応しており、100メートル以内にバスが近づくと「バスが来ます」と表示される。

http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20180326-OYTNT50431.html