· 

動画:透明アンテナ搭載、スマホを画面にかざして決済するシャープの新開発ディスプレイ

この技術は、透明化したNFCのアンテナをディスプレイに搭載し、画面どこでもNFCを検出するというもの。ディスプレイはスマートフォンサイズから、42型ディスプレイまで対応します。
これまでNFCはリーダーにICカードやスマホをかざすことで機能していましたが、ディスプレイがリーダーになることで、画面上でタッチを促しそのまま画面をタッチさせる、といったように、自然に動作を促すような利用が可能です。

当初は自動販売機やデジタルサイネージなどでの利用を想定しており、複数のNFCも検出可能。カーシェアリングや、ゲームなどアミューズメント利用も想定されています。
スマートフォンなどの静電容量式のタッチパネルは、透明の電極フィルムによってタッチ操作を実現しています。今回の透明NFCアンテナはこのタッチパネル技術を進化させたもので、シート上のメッシュ線をスイッチングし、かざした位置を検出しています。
通信距離は3.0〜3.5cm程度で、一般的なNFCの通信距離2.5cmと遜色ないものとなっています。応答速度は1秒以下、シャープではストレスのない検出が可能としています。

https://japanese.engadget.com/2018/04/05/nfc/