· 

見る人に応じて広告を出しわけるサイネージ、表情から感情を読み取る

仕事終わりの帰り道、疲れた顔で街中にある広告を見つめていたら、前から行きたいと思っていた温泉旅行の割引広告に切り替わった――。そんな時代が訪れようとしている。
 3月6日から9日まで日経新聞社が東京ビックサイトで開催した展示会「リテールテックJAPAN 2018」に出展していたエイコムは、見る人が求めているものを画面に表示することで、デジタルサイネージの効果を最適化しようとしている。
 エイコムの顔認証デジタルサイネージソリューション「BeeSight」は、連携したカメラから性別や年代、表情などの視聴者属性や通過人数を取得し、設置場所やコンテンツ、ディスプレイ展示の効果測定に活用できるデジタルマーケティングツール。プライバシーに配慮して、顔画像は蓄積しない。
 とくに注目は、取得した視聴者属性にあわせたコンテンツを配信できる機能だ。電子POPでも実現可能なほか、将来的にはネットワーク経由でのコンテンツの差し替えにも対応する予定だ。オフライン環境では、コンテンツは外部メモリ端末に入れておくことで表示できるうえ、視聴者属性をメモリへ蓄積することができる。

https://news.nifty.com/article/technology/product/12110-57405/