· 

2018/04/11(水) 凸版と比IMI、合弁でタッチセンサー生産

凸版印刷は、フィリピンの電子機器受託製造サービス(EMS)大手インテグレーテッド・マイクロエレクトロニクス(IMI)の子会社と、銅メッシュタッチセンサーを製造する合弁会社を立ち上げることで合意した。日本(滋賀県東近江市)で生産し、世界的に拡大するタッチセンサー需要を取り込む。

IMIの声明によると、子会社VIAオプトロニクスが、凸版印刷から分社化されるタッチパネル部門に65%出資する形で、新会社VTS―タッチセンサーを設立する。銅メッシュタッチセンサーは、パソコンやタブレット端末、スマートTV・大型サイネージ(電子看板)など幅広い製品のタッチパネル部品として使われている。

凸版印刷の広報担当者は10日、NNAに対し、「VIAオプトロニクスは車載製品、産業機械、ディスプレー加工で世界的に事業展開しており、相乗効果が期待できる」とコメントした。

https://www.nna.jp/news/show/1748850