· 

Microsoft、未来のおもちゃ箱を実現する「Project Zanzibar」

米Microsoftは9日(米国時間)、マット型のセンシングプラットフォーム「Project Zanzibar」を発表した。

 同社の研究部門Microsoft Researchの英ケンブリッジと米レドモンドの研究チームが共同で開発したもので、上に乗せたオブジェクトの位置の特定/感知だけでなく、タッチ操作も認識できるというマット。

 マットにはNFCと静電容量式のセンサーが組み込まれており、30mm以内のNFCタグに対して通電と通信が可能となっている。静電容量センサーはタッチ操作のほか、空中で行なったジェスチャーなども認識できるという。フットプリントや位置、向きのほか、オブジェクトを重ねても検知できる。

 ディスプレイを搭載したデバイスと接続することで、マット上の空間と仮想空間を連動させられる。

 デバイスとの接続はUSBまたはBluetoothで行なわれ、オブジェクト検出と処理はマット側で完結しているため、スマートフォンでも使用できるのも特徴。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1116227.html