Google、Web会議サービス「Meet」のプレミアム機能無料化期間を9月末まで延長

 米Googleは4月9日(現地時間)、3月に新型コロナウイルス感染症対策支援の一環として発表した「G Suite」のプレミアム機能の無償提供の期間を、当初の7月1日までから9月末までに延長すると発表した。

 無償になっているのは、以下の3つのプレミアム機能。

最大250人が同時参加できるビデオおよび音声会議(Google Meet、Google Chat)
ドメイン内での最大10万人に配信できるライブストリーミング
Googleドライブへの会議記録

 なお、Google MeetとGoogle Chatは、発表当時Hangouts MeetとHangouts Chatという名称だったものだ。同社は8日にこれらのサービス名を変更した。



 プレミアム機能はデフォルトで無効になっているので、ヘルプページを参照に有効にする必要がある。

 Googleによると今週(4月6日の週)、1日当たり200万人の新規ユーザーがGoogle Meetに接続するという新記録を更新したという。また、ユーザーは1日当たり20億分(=約3333万時間)以上をGoogle Meetで過ごしているとしている。

 ちなみに、米Microsoftは同日、Google Meetと競合するチームコラボレーションサービス「Microsoft Teams」の3月末時点の1日当たりの実行時間が27億分(=4500万時間)だと発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.