オンライン居酒屋「イキツケ」で全国のお客さんが交流!ミシュラン掲載の名店や有田の陶器市などに来店

家にいながら飲食店の味や空気感を体感できるサービス「イキツケ」は、サービススタートから2週間でさまざまなオンライン店舗が出店され、外出自粛のGW期間にも多くのお客様が来店し、エリアをまたいだ交流が生まれました。
地元のお客に愛される中華の名店、ミシュラン掲載のフレンチ、毎年町内一円にわたって開催される佐賀・有田陶器市など、出店のエリアも形態も多種多様で、時間の共有とお客様同士の交流を楽しみました。

4月24日に株式会社iTANとシビレ株式会社がリリースしたオンライン居酒屋「イキツケ」は、飲食店の逸品を自宅で楽しみながら、店主やお客さんと交流できるサービス。
自宅で過ごすことを余儀なくされた今年のGW期間にも多数のお店がイキツケ上で開店し、実際の店舗では営業を自粛したり時間を短縮して開店している飲食店にも、多くのお客様の来店がありました。
お客さんはイキツケを通じて家にいながら遠隔地の名店や各地のイベントを訪れることができ、 オンラインで出店した店舗は新しい顧客との接点が生まれ、 実店舗営業に変わる営業方法として手応えを感じていました。
イキツケでは、これまでの外飲みと同様に“誰かと話しながらお店の味を楽しみ、飲む”空間をオンラインで提供します。
(サービスページ https://ikituke.biz/)

開店したお店の事例


「ミシュランに取り上げられた宮城県の名店フレンチの味を堪能」(5/2 開店)
宮城県の岩沼駅至近にあるレストランCacheCache(カシュカシュ)からは、フレンチコース&仕上げレッスン付きのお店が開店。
現在テイクアウトのみで営業しているお店が、イキツケでのオープンに合わせて宅配で料理をお届けすることに。
ラタトゥイユ、牛頬赤ワイン煮込み、ブルギニョンバターなど、プロの味付けを楽しみたいお客さんの予約が全国から入り、エリアの範囲を超えた新規顧客との接点をもつことができました。
自宅でそれぞれ仕上げの盛り付けをシェフの手ほどきを受けながら行い、視覚も味覚も楽しめる逸品を楽しみました。