新型コロナで苦境の伝統工芸、SNSに活路 売り上げが1000倍になったケースも

 新型コロナウイルスの影響で苦戦を強いられている京都の伝統工芸店や老舗店舗が会員制交流サイト(SNS)に活路を求めたところ、一転、注目を集めて売り上げ増につながるケースが目立っている。自粛で対面販売が振るわない中、Twitterでの投稿が話題となりネット販売が前年同月比で約1000倍になった店舗も。伝統工芸と対極にあるSNSの融合が新たなビジネスモデルを生み出している。(秋山紀浩)


 《無数の貝が宝石のように光ります。職人の手間暇をかけて丁寧に作られた商品です》
 8月、虹色に輝く貝殻のかけらを使った装飾「螺鈿」が施されたネックレスの画像とメッセージがTwitterに投稿されると、次々と称賛の声が寄せられた。《本当に繊細な技》《すてきな作品》《見入ってしまった》

 Twitterに投稿したのは、観光地として有名な京都・嵯峨で螺鈿のネックレスなどを製造する「嵯峩螺鈿・野村」の職人、野村拓也さん(33)だ。

 同店では、緊急事態宣言が出た4月から対面での売り上げがほぼゼロとなり、その後も客足が戻らない中で、起死回生の一手として試したのがTwitterだった。

 7月半ばに個人アカウントで投稿を始めたところ、瞬く間に投稿が話題に。開設2週間でフォロワー数は3000近くになり、9月には2万まで達した。

 Twitter人気に合わせてオンラインストアの売り上げも急上昇。2019年8月は8316円だったのが、20年8月は約1000倍と急増した。9月以降も売り上げは好調に推移し、注文も次々に入っているという。野村さんは「職人の日常が世間では非日常なのだと改めて実感した」と話し、「SNSでの発信が伝統工芸職人の新たな希望になるのでは」と期待を込めた。(サンケイニュース)