サプライズ・ガラス 特徴

サプライズ・ガラス 特徴

販売価格はお問い合わせください。

在庫あり

商品詳細

サプライズ・ガラスは、PDLC液晶フィルムを中間膜にラミネートしたガラスで、スイッチングのON-OFF操作だけで、すり調ガラスが一瞬で透明に変わるガラスです。

[PDLCとは]
Polymer Dispersed Liquid Crystal の略で 高分子分散型液晶と呼ばれています。
液晶を高分子中に分散させた薄膜(液晶層)を利用した液晶方式です。
それは、水中に浮く油の粒子のように、液晶の微小粒子を高分子中に分散させることで、液晶を薄膜内で支持(固定)することなく存在させているのが特徴です。

PDLC液晶フィルムは、電場をかけない場合には、分散した液晶の配向ベクトルが異なった方向を向いているため、界面で光が散乱することで不透明な白色状態を作り出しますが、電場を加えることによって、高分子と液晶の屈折率がほぼ等しくなり、透明状態になります。
その際のスイッチングスピードは1秒以下で瞬時にガラスの表情を変化させます。

ブラインド効果
普段は透明ガラスでいいのですが、特定の時だけ外部、内部からの視界を遮断したい時にはサプライズ・ガラス、瞬間調光フィルムが最適です。
オフィス・店舗で
企業の会議室のガラスパーテーション、展示室などガラスの表情を瞬時に変えるサプライズ・ガラス、瞬間調光フィルムは、スマートでハイエンドなインパクトを訪問者に与えます。
■会議室や役員室のパーテーションに
■店舗や会社のセキュリティーに
一般住宅で
キッチンやリビングルームにおいてもサプライズ・ガラス、瞬間調光フィルムは洗練された広々とした印象を訪問者に与えます。
サニタリールームやバスルームにインストールするなら、その機能性は際立ったものになることでしょう。
■窓ガラスの遮蔽用として
■バスルームのプライバシー保護に


スクリーン効果
サプライズ・ガラス、瞬間調光フィルムはプロジェクタースクリーンにもなり、内側からの照射で外部から鮮明に映像やウェブ画像を映し出すことができます。
広告展示用に
サプライズ・ガラスまたは瞬間調光フィルムの内側からプロジェクターを照射させることで、外部から様々なイメージ画像や動画を映し出すことができます。
商品やブランドイメージをアピールしてみたり、会議でパワーポイントによるプレゼンテーションにも活用できます。
■店舗のショーウインドーに
■プロジェクター用スクリーンとして
■タッチスクリーンとして
■プロジェクションマッピングに


サプライズ・ガラス
リモートコントロール、またはスイッチングのON-OFF操作だけで透明ガラスがミルキーホワイト調のガラスに一瞬で切り替えることができます。
3mm+3mm、5mm+5mm、6mm+6mmの合わせガラス内の液晶フィルムに電流が流れた時には透明に、電流が遮断された時はミルキーホワイト調のガラスに変わります。
ガラスの一辺に電極と専用のコントローラーが必要でAC100Vへの接続となります。
最大製作寸法は3,000×1,500でプロジェクターによる投影が可能です。


瞬間調光フィルム
吸着性ののりが付けれらている液晶フィルムで、厚みは485μm±10μm。
既存のガラスの上に瞬間調光フィルムを貼付し、ON-OFFのスイッチングによって透明・不透明の変化をもたらすことができます。
フィルム状なのでRガラスにも施工が可能。
最大製作寸法は1,200×3,000でプロジェクターによる投影が可能です。


「瞬間調光ガラス」トップへ